モバイル用の表示で見る

現在PC用の表示で見ています


TOP > アクア用品2 > CO2機器 > CO2フルセット
CO2フルセット キューブセカンド
CO2フルセット キューブセカンド
左クリックで拡大表示
左クリックで拡大表示
左クリックで拡大表示
送料無料 通常便のみ
価格(税込)
¥5,990
個数
カード決済・代引・その他
59.9pt ポイント1倍
銀行振込・郵便振替
119.8pt ポイント2倍
商品番号
64979
商品情報
029-07-09-03-020
通常便
通常便のみ対応
※当日便には対応しておりません。
※爬虫類・小動物の場合、通信販売はできません。邑楽店での対面販売のみとなります。
  • 用品は16時、生体・水草・植物を含む場合は15時までのご注文で翌日到着。
  • 16時までのご注文で翌日到着。
北海道・山口・九州・沖縄・離島は翌々日以降のお届け。 通常便の詳細はこちら
※ご入金の場合は入金確認次第発送
※山口県で生体ありの場合は朝9時までのご注文で翌日到着。
山口便は休止となっております。
※航空便対応地域で生体ありの場合は朝9時までのご注文で翌日到着。
超速便(航空便)は休止となっております。
※メーカー直送商品の場合にはメーカーに在庫の確認をとらせていただき、お届け日のご案内をさせていただきます。

メーカー:AIネット

ボンベから拡散筒まで!全てがこの1箱に!

リニューアル1:ハイプレッシャーレギュレーター
低流量のスピードコントローラと大型調節ハンドル採用。小型水槽など微流量のCO2添加が簡単にできるようになりました。

リニューアル2:J字セッティングパイプ
J字セッティングパイプの採用で初めてセットされる方でも簡単、ラクラク!小型水槽でもコンパクトに簡単CO2添加ができます。
※電磁弁とタイマーを使用することで、本製品のオン・オフを自動制御することができます(朝9時に自動でON、夕方6時に自動でOFFなど)。
※予め付属してあるCO2セラミックストーンをバブルカウントディフューザー(別売)に変えることで添加する泡の数をカウントしさらに細かな微調整を可能にします。

CO2フルセット キューブセカンド
セット内容 ・減圧レギュレーター(低流量スピードコントローラー付き)
・CO2小型高圧ボンベ 64g
・ボンベスタンド
・J字セッティングパイプ
・ストップバルブ
・チェックカウンター
・シリコンチューブ 50cm
・チューブサポート(2ヶ)
・CO2セラミックストーン
・6mm径耐圧チューブクリアー 4cm
・キスゴム(チューブ用)
・キスゴム(チェックカウンター用)
・取り扱い説明書
使用方法 必ず付属の取り扱い説明書をご覧の上ご使用ください。
※ドライバー、レンチ、ペンチ等工具は必要ありません。
接続方法 接続の前に、次のことを確認してください。
・スピードコントローラは閉まっている。
・ねじ込み部分に異物がない。
・レギュレータ内にOリングが入っている。

1.スピードコントローラが閉まっていることを確認し、ボンベをレギュレータに接続します。 ボンベの接続の際は必ず滑り止めのついた軍手をはめて行って下さい。 ※この時、指で安全弁を閉じないようにしてください。必ずボンベを立てた状態で接続していきます。 寝かせた状態で取り付けると故障の原因になります。

2.ボンベを軽くねじ込んでいき、一度止まったところで握りなおし、一気に最後までねじ込みます。 レギュレーターの針がボンベに刺さる際「シュッ」と音がしますが、そのままねじ込んでください。

3.レギュレータのスピードコントローラー部分とストップバルブをJ字セッティングバルブでしっかりと奥まで接続します。

4.ストップバルブの一方に耐圧チューブクリアーをしっかりと差し込み、抜けないことを確認して下さい。

5.チェックカウンターにキスゴムを取り付け、中に水を水位3/4程度にいれます。 水を入れる際は上方ストローの要領で水を吸い込むと簡単です。

6.耐圧チューブクリアーの一方に水を入れたチェックカウンターをしっかりと差し込みます。

7.シリコンチューブにチューブサポートを2個通します。 この時点でお持ちの水槽にシリコンチューブが長すぎると感じたら水槽の大きさに合わせ 適当な長さに切ってご使用下さい。

8.チェックカウンターをシリコンチューブに差し込みます。 差し込んだ後、抜け防止のため、チューブサポートをかぶせます。

9.最後にシリコンチューブの先端にセラミックストーンを差し込み、 チューブサポートをかぶせ、付属のキスゴムで水槽内部に固定します。 ※電磁弁を取り付ける場合は、ストップバルブとチェックカウンターの間に取り付けます。
CO2の添加 1.スピードコントローラーの調整ねじを時計方向に回し、CO2が急激に出ないように完全に閉じます。

2.ストップバルブをON方向にスライドします。

3.スピードコントローラーの調整ねじを時計と逆方向に少しずつ回し、CO2を添加します。
※このとき急激に回しますとCO2が勢いよく出ますので気をつけて下さい。

4.チェックカウンターの内部にCO2の気泡が上がる速度で流量を調整します。
気泡の速度調整ができたら、必ず固定ねじを時計回りにし、しっかり締めて調整ねじが動かないようにして下さい。
日常的なCO2排出、停止は調整ねじではなくストップバルブで行います。
※目安 30cmキューブ水槽で2秒に1滴

5.CO2を6〜8時間程度添加した後、ストップバルブを閉じます。
その際に、プ、プ、プと音がする場合がありますが、レギュレーター内の残圧を逃がすためで異常はありません。

6.朝のCO2添加開始時にストップバルブを開く際はゆっくりと開いて下さい。
急激に開きますと、CO2が勢いよく噴出し、チェックカウンター内の水を押し出してしまいます。
※CO2の添加は必ずライトがついている時に行って下さい。消灯時に添加すると酸欠となり、魚やエビ、バクテリアが死滅する場合があります。CO2の過剰添加でも生体に酸欠を引き起こしますので、ご注意下さい。魚が酸欠で鼻上げをしている場合はCO2を止め、エアーレーションを行って下さい。
セラミックストーンの洗浄 1.セラミックストーンはコケが付いたり、汚れてくると泡サイズが大きくなります。
  半月に一回程度は洗浄しましょう。
2.セラミックストーンからチューブサポートを外し、シリコンチューブを抜きます。
3.台所用の漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)をコップ等に使用する濃度に希釈して下さい。
  その液にセラミックストーンを60分程度浸けます。衣服や皮膚に付かないようにご注意下さい。
4.セラミックストーンを取り出し、塩素臭が抜けるまで洗って下さい。
ご注意 ※観賞魚水槽用以外には絶対に使用しないで下さい。
※ボンベの取り付け、交換の際は必ずすべり止めの付いた軍手をはめて行って下さい。
※使用前、使用中、使用後いずれもボンベは火の中に入れないで下さい。
※ボンベの交換は必ずCO2ガスが空になってから外してください。
※専用ボンベ以外は使用しないで下さい。
※製品の改造、分解等は絶対におやめ下さい。
※生体の病気や死亡、水草の枯れ、あるいはお客様の不備によるCO2漏れについての補償は一切致しません。予めご了承下さい。
※手順に従いボンベを取り付け、調整弁やバルブを開いてもCO2が出ない場合は、レギュレーターの中にゴミやサビが詰まった可能性があります。その場合は危険ですので必ず販売店へお持ち下さい。
※濡れた手でボンベとレギュレーターの接続は絶対におやめ下さい。 ※ボンベは必ず立てた状態でご使用下さい。
※小児の手の届かない所に置いて下さい。

【CO2セットって何?】
水槽内に二酸化炭素を添加する為の器具です。
CO2を添加することにより光合成を促進し、より水草が健康に育ちます。また水草が元気に育つことによりコケの発生を抑制する二次的な効果も得られます。

添加を行うことにより育成可能な種類が大幅に増え、また添加が必要ないと言われる種類でも、添加することにより成長が早まります。

本格的に水草の育成を行う場合は必須と言っても良い製品です。

【どんな商品?】
・高圧ボンベタイプ
高圧のガスボンベを使用し、目の細かいCO2専用の拡散器を通じて水槽内に気泡として拡散する仕組みとなります。レギュレーターやボンベについては各社製品間で組み合わせに制限がありますが、チューブや各種の分岐パーツについては全て共通規格となっているので、セットで購入し、拡散器やカウンターのみお好みの製品に組み替えるといったことも可能です。


・発酵式タイプ
トリオのナチュラルCO2システムだけは例外的に、発酵式を採用しています。これは生物の発酵作用の際に発生するCO2を水槽内に引きこむ仕組みで本体自体が安価であることが最大の利点です。尚、このタイプは高圧ボンベ式用の分岐パーツや拡散器は使用できません。

【あると便利な別売りパーツ】
・電磁弁とタイマー
タイマーで時刻を設定し、電磁弁と組み合わせるとタイマー制御による自動ON/OFFが可能です。既に照明を持っており、タイマーで管理している場合は同じタイマーに電磁弁のコンセントをさせば、自動管理化することが可能です。

・CO2カウンター、スピードコントローラー
CO2カウンターは現在のCO2添加数を気泡として目視できる製品、スピードコントローラーはCO2の添加量を調整するパーツです。CO2カウンター機能は拡散器に、スピードコントローラー機能はレギュレーターにそれぞれ機能が付加されている物もありますが、精度で言えばやはり単体の製品に及ばないのが実情です。

【その他】
高圧ボンベを使用するタイプはレギュレーター以降は基本的には規格は全て共通となります。これは業務用の大型ボンベ(いわゆるミドボン)でも事情は同じなので、後々大型水槽に移行する場合、ボンベとレギュレーターを除くパーツについては全て流用が可能です。