キャットフード特集


餌の種類

たくさんの種類があるキャットフード。それぞれのフードの分類と特長を知れば選択肢が広がって、猫ちゃんの毎日の食事をきっと豊かにしてくれるはずです!
総合栄養食

ドライフード

■カリカリっと歯ごたえのある硬いフードです。
水分量が少なく(約10%以下)、痛みにくく室温での保存も可能なドライフード。カリカリと適度な硬さがあるので歯石が蓄積しにくくなり、お口周りの健康をサポートします。1回あたりの食事にかかる費用も安く経済性に優れています。多くの商品が猫の成長に必要な栄養素をバランスよく含んだ総合栄養食なので、安心して主食として与えられます。 フードの水分が少ないため、食事中にいつでも新鮮な水が飲めるようにして下さい。子猫用や高齢猫用、去勢・避妊猫用、毛玉対策、室内猫用などライフステージや環境、疾病に合わせたフードが用意されているメーカーもあります。
ドライフード

ウェットフード

■水分が多い缶詰やパウチタイプのフードです。
水分が約80%程度の缶詰やパウチタイプのフードです。 肉や魚が主原料とするものが多く、たんぱく質や脂肪を摂るのに便利です。猫の食いつきが良いため、食欲不振時に食事をさせるのにも効果的です。1缶(1パック)で1食分の量となっていますので、与えすぎや食べ残し等の無駄を抑えられます。 開封前の状態で長期保存できるので、まとめて買い置きすることも可能です。ただし、猫に必要な栄養を満たしていなかったり、カロリー過多になってしまう一般食が多く、単体での利用には不向きです。ドライフードと混ぜて与えるなど、栄養を補って与える必要があります。最近では総合栄養食のウェットフードも出ており、ドライフードを食べない猫ちゃんにこちらはおすすめです。
ウェットフード

プレミアムフード

■品質が良く、厳選された材料、栄養成分が調整されたフードです。
プレミアムフードはメーカーごとに差はありますが、原材料がレギュラータイプと比べて厳選されたものが使われており、猫ちゃんの健康維持に必要な成分が配合されていることが多いようです。
プレミアムフード

おやつ

■ごほうびやコミュニケーションに!与えすぎには注意!
主食以外で、ごほうびなどで与えるおやつ。 猫のおやつは絶対に必要なものはありませんが、食べることが大好きな猫ちゃんはおやつをあげると喜びます。 ごほうびやコミュニケーションを深めるために少量与えるといいでしょう。 ただし、猫のおやつは嗜好性重視のものやカロリーが高めのものも多いです。栄養が偏ったり、肥満になったりするので、与えすぎには注意しましょう。
おやつ

水

■給水機を使用していつでも新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。
すべての生物にとって必要不可欠な水。猫ちゃんにとっても水は大切なものです。給水機などを設置し、いつでも好きなだけ新鮮な水が飲めるようにしてあげましょう。

猫草

■猫ちゃんは猫草を食べて毛玉を吐きます。
猫ちゃんが毛づくろいで飲み込んだ毛を吐き出させる猫草です。必ず必要なものではないですが、猫ちゃんは猫草を食べて吐きます。飼い主で育てれば安心で安全な草を食べさせることができます!




・1日の食事量はキャットフードのパッケージに記載されている基準を目安に猫ちゃんの体調を飼い主が考慮しながら調整して与えてください。
・必要以上の食事は肥満の原因となります。気をつけましょう。
・猫ちゃんは一度味の濃いものを食べると味が薄いものは食べなくなってしまいます。味付けの濃い人間の食べ物などに注意してください。
・特定の食べ物しか食べない偏食猫ちゃんは、病気になった時治療用の食事を食べてくれなくて困ることも。そのためにも飼い主が子猫の時からより多くの種類の食べ物を経験させておきましょう。

アメちゃんまかちゃん

関連商品


食器だって種類が豊富!

お出かけも安心!

フードの保管はこれ!

猫ちゃんだっておいしい水が飲みたい!

やっぱりミルクが恋しい!

お買い得なアソート!