ワンちゃんにピッタリな服を手に入れるには、ワンちゃんの大きさを把握しておく必要があります。 では、どうやってワンちゃんのサイズを計測すればよいのでしょうか? 犬服を購入する場合は、首まわり、胴まわり、着丈(背丈)をメジャーを使って計測します。

●首まわり

首の中間あたり、のど仏(のど骨)のやや下あたりを測ります。首輪を買う場合はこの位置がベストですが、犬服の場合は、それよりもう少し下の首の付け根付近をぐるっと1周させて測ります。

●胴まわり

前足の付け根まわりの一番太い部分(胸のいちばん大きい部分)を測ります。被毛の厚い犬種の場合は、被毛がメジャーでふんわりとつぶれる程度がちょうどです。

●着丈(背丈)

首まわりを測った位置から、しっぽの付け根まで背骨に沿って測ります。

●ヌード寸法と出来上がり寸法

ヌード寸法とは、服を着ない状態でのサイズのこと。胴回り30cmという表記であれば、胴回り30cmのワンちゃんが着られるように作ってあります。出来上がり寸法という表記がされたものは、実際の寸法(実寸)のこと。着丈30cmとあれば、着丈が30cmで作られています。 上記で解説した首まわり、胴まわり、着丈(背丈)は、ヌード寸法になります。ただし、犬種によって被毛がまちまち。短い犬種もいますし、ふかふかの被毛を持っている犬種もいます。被毛が厚い犬種はきっちり測らず、被毛が軽くつぶれる程度で計測するのがよいでしょう。

犬服のサイズ表示は2号・3号といった号数とS・Mといった表記があり、どちらを表示しているかはまちまちです。 また、同じサイズ表記でもメーカーによって多少大きさが違います。 たとえば、着丈(背丈)18cmと表示するメーカーもあれば、18〜22と幅をもたせるメーカーもあります。 また、首回り20cmで2号とするメーカーもあれば、1号とするメーカーもあります。 下記がサイズ目安表となりますが、メーカーによってサイズの基準は異なりますので、ご購入の前に商品サイズをよく確認してください。
着丈(背丈)胴周り首周り
3S1821〜2614〜18
1号(SS)2026〜2918〜20
2号(S)2329〜3520〜23
3号(M)2735〜4123〜26
4号(L)3141〜4726〜30
5号(LL)3547〜5330〜33
6号4053〜6033〜37
7号(3S)4560〜6637〜41
8号5067〜7241〜44
9号(4L)5572〜7844〜48
10号6078〜8548〜53
12号7092〜9957〜61

犬服は頭からすっぽり被って着せるものがほとんどです。胴まわりや着丈(背丈)がピッタリでも、首まわりが小さいと着せることはできません。着丈が多少長い分には問題ありませんが、オスの場合、おしっこでお腹付近を濡らしてしまうことがあります。 首まわり、胴まわり、着丈(背丈)といったヌード寸法を把握するだけでなく、ワンちゃんの特徴を考慮に入れて、ワンちゃんにぴったり合う形状をした服を選んでください。

●ご注意

チャームでは、メーカー表示に沿ってカテゴリー分類しています。商品によっては、上記のサイズ目安表と異なる場合がありますので、ご購入の前に、商品詳細ページで首回り、胴まわり、着丈(背丈)の大きさをご確認ください。

▼オススメ特集

▼関連商品