LED
LEDとは?
LEDとは『発光ダイオード』と呼ばれる半導体のことで、”Light Emitting Diode”の頭文字をとったものです。LEDはこれまでの白熱ランプや蛍光ランプとも違い、特殊な構造をもつ物質に与えた電気エネルギーが直接光に変わるという新しいしくみを持ち、日本では『発光ダイオード』とも呼びます。ダイオードに電流を流すと、プラスとマイナスの異なる性質を持った2つの半導体が接合されたところで、プラスとマイナスの粒子が衝突します。この時、電気エネルギーが生まれます。LEDではこの衝突によって生まれたエネルギーが光として現れます。放射される光の色は結晶の種類と添加物によって決まり、光の3原色となる『』を作り出しています。

LED特長
・小型、軽量!
・点滅性能に優れている!
・可視光以外の放射がほとんどない!
・衝撃に強い!
・環境に有害な物質を含まない!

●消費電力
照明といえば、白熱灯または、蛍光灯がほとんどです。当然、明るければ消費電力も大きくなります。電気の節約と照明の便利さを両立できないか?そこで注目したいのが、LEDです。この製品は消費電力が極端に少ないという大きな利点があります。LEDは白熱電球に比べて寿命が長く(電球の10倍以上)消費電力が極端に少ない(電球の1/5以下)ので非常に優れています。
地球温暖化がクローズアップされる昨今において、エコロジー・電気代などの観点からも非常に有益な商品になるでしょう。

●未来性について
現在LEDは、水槽用ライトはもちろん、携帯電話やデジタルビデオカメラ、PDAなどの電子機器のバックライト、大型ディスプレイ、道路表示器、CD/DVDプレイヤーの液晶など、さまざまな分野で普及している新照明の光源として集中を集めています。
特にLED照明光源として長寿命はもちろん多様な色を表現し、節電効果も高いので、未来系、第4世代蛍光灯として期待されています。

●ルーメンとは?
ルーメン(lm)とは、簡単に言うと光の量の単位になります。 数値が大きいほど明るい照明と考えていただいて問題ありません。
なぜLEDではこのルーメンという値が使われているかと言うと、LEDのW数(消費電力)が非常に少ないからです。 従来の蛍光灯ではW数(消費電力)で明るさをある程度判断できましたが、LEDは数ワット〜数十ワットと小さな数字で表記されているため光の量(ルーメン)で判断したほうがわかりやすくなっています。
水草、海水と使用用途に関係なくルーメン値が高いほど明るい照明と言えます。

●ケルビンとは?
ケルビン(K)とは、色温度のことを示します。 数値が高いからといって明るい(強い)光ということにはなりません。

5000K(黄色っぽい白)―8000K(白)―12000K(青っぽい白)
上記の値がケルビンと色のイメージになります。

ケルビンに関してはルーメンと異なり、水草なら水草、サンゴならサンゴと種類に適した値があるので、目的にあった色温度のものを選択してください。
LEDはコンパクトに設計されている製品、高光度のクリップ式製品が多いので、様々な色温度の照明を複数設置することで水草やサンゴに適した明かりを作り出すことが可能です。

●アクロ TRIANGLE LED シリーズ
チャームでしか購入が出来ない高性能LEDシリーズです。
業界最高レベルの発光効率を達成した白色LEDチップを採用しており、圧倒的な明るさを誇ります。
水草育成用LEDとして数々の実績があり、非常に効果的です。
ライトリフトと吊り下げ式の2通りの設置方法からお好みで選んで設置できます。
チャームイチオシの逸品です。

形状で選ぶ
●上置型・・・水槽との一体感を生むタイプ。デザイン性も高く、種類豊富です。
●クリップ・アーム式・・・幅広いサイズの水槽に適合するお手軽タイプ。形状も多種多様。
●吊り下げ式・・・水槽上が開放的になり、オープンアクアが実現できる本格派。
●水中用・・・水槽内から電飾を施す、一風変わったアクアリウムに。
●交換球&クランプ・・・シチュエーションに合わせ、色や光量などを付け替え。電力や口金の適合を確認の上併用してください。

注目の商品


アクロ TRIANGLE LED

水草の育成ならこれ。
圧倒的な光量を誇り、業界最高レベルの発光効率を達成した高性能LED。
水草育成に重きを置く”GROW”と、とにかく明るさに重きを置く”BRIGHT”の2種があります。

アクロ OVAL LED

最高のコストパフォーマンスを追求。

アクロ RECTANGLE LED

基本性能はOVALと同等ですが、薄型フラットなデザインに調整しました。
圧倒的な光量とコスパの両立は、OVALそのものです。
OVALとお好みで、お選びください。

テトラ パワーLED

Ra92もの高い演色性が魅力。
明るさと演色性に拘った仕上がりで、
”プレミアム”シリーズでは、タイマー制御も内蔵、防水性能も強化されています。

GEX パワー3

人気のLEDがさらに進化!
白赤青の3色のLEDが、くっきりと見せる色温度10000K
で水槽内を明るく照らします。単色で点灯させることもできます。

ニッソー LED

フレーム水槽によく合う”ライナー”シリーズや、小型水槽に最適なクリップ式LED。
今までの製品にも、手軽に導入できる製品が多いのがポイントです。

コトブキ LEDライト

LED照明普及の立役者ともいえる「コトブキ フラットLED」。 安定した性能でシンプルで扱いやすく、今なお人気のモデルです。
LEDアクアライトの魅力
蛍光灯などでは演出できない幻想的な世界が楽しめます。海水の場合は深海を再現し、淡水ではネオンテトラなど蛍光発色する魚たちが泳ぎまわる姿は、今までみたこともない世界へアクアリストを魅了します。
強い点光源で熱帯魚・海水魚飼育水槽にスポットライトをあてる事により、サンゴの赤系・青系蛍光色や、クイーンエンゼルなど海水魚、または青色系アフリカンシクリッドなどの体色を美しく見せます。
 最新技術で魚にストレスを与えないので、夜間もアクアリウムライフが楽しめます。LEDの光は植物の光合成を妨げず、水草の育成にも安全です。水中で異なる光を交差させて、新しい色を生み出すことも可能です。エアレーションバブルに光を当てると、水槽で光の粒子が踊り、今までにない世界へと楽しみがひろがります。

※ドイツを中心としたアクアリウム先進国では、LEDライトがほぼ主流になっております!
是非、皆様もこの機会にご検討してみてはいかがでしょうか?

関連特集


▲チャームのトップページへ