チャームの水草が安心できる7つのポイント

状態のよい水草をお届けします 〜安心の品質基準〜
チャームは水草を自社生産しているため、品質管理を生産からお届けまで行います。また国内外よりセレクトされた状態のよい水草をお客様にお届けします。ミズメイガなどの悪質な害虫が混入するものは仕入れません。
チャーム伝統の水中葉をお届けします

チャームの始まりは水草水中葉の育成及び販売が原点です。水中でコケが付かないよう、当店のスタッフが丹念に1本、1本育てた水草をお届けします。

※商品名に(水上葉)と書かれていない商品が対象です。

活き活きとした水上葉をお届けします

水中葉は最初から水草の水中での美しい姿を鑑賞できるのに対し、なぜ水上葉?と思われる方も多いと思いますが、実は水上葉を水中に沈めた方が、水中葉を水中に沈めるよりも生き生きとした水中葉が得られます。
水上葉を水中に沈めると水中葉の葉ぶり、茎の太さ、葉の厚み、発色どれを取っても群を抜きます。
水上葉は水中葉よりもお求めやすい価格に設定しております。 ※商品名に(水上葉)と書かれている商品が対象です。

水草の花も楽しめる水上葉
水草も花が咲くのをご存知ですか?ミクロソリウムなどのシダ植物を除き、水草として扱われている植物の殆どは花が咲きます。

ウキクサであるアマゾンフロッグビットも花が咲きます。
水中葉を水上葉にするにはある程度時間がかかりますが、当店の水上葉を水上で楽しみ、花を愛でる、そんな水草の楽しみ方もあります。
画像の水草はグリーンロタラ 購入ページへ
画像の水草はルドウィジアレペンス 購入ページへ
画像の水草はドルマリアコルダータ 購入ページへ
残留農薬の検査及び処理を行います

水草を水槽に入れたらエビが死んでしまった、そんな経験はありませんか?それは水草にかけられた農薬が原因です。
水草を生産しているファームによっては、水草を害虫から守るため、農薬を使用する場合があります。
お店に届いた時点で農薬がまだ残っている状態を残留農薬がある、と言います。
水中に水草を沈めた状態であれば、残留農薬が抜けるまでには有茎草だと3日〜1週間、アヌビアスの仲間だと1週間〜4週間かかります。
チャームでは国産・海外産問わず、入荷した全ての水草の残留農薬検査を行っています。
当店ではミナミヌマエビの状態を農薬有無の判断基準としています。
ビーシュリンプ等はミナミヌマエビに比べ、更に農薬に敏感に反応するため、無農薬と表示されている水草をご購入下さい。
無農薬※と判断された水草は状態を上げた後、出荷されます。
残留農薬※が確認された場合、処理を行い、農薬が抜けるまで何度も処理を行います。
農薬が抜けた事が確認された後、状態を確認し、出荷をします。

※無農薬、残留農薬処理済の表記について

無農薬の定義
農薬を使わない方法で栽培された水草です。ビーシュリンプ等が入っている水槽にも入れられます。

残留農薬処理済の定義
入荷時点で検査を行った際、ミナミヌマエビが半日間で死んでしまい、残留農薬が確認された商品を数日から30日程度流水に浸け置き、その後ミナミヌマエビが半日間は死なない事が確認された商品のことを指しますが、ビーシュリンプ等が入っている水槽には導入不可です。
輸入の水草については抜き取り検査にて農薬チェックをしております。
局部的に残留農薬が残っている可能性が否定できませんので、ご購入された水草を導入の際にはもう一度ご確認いただけますようお願い致します。
水草商品をお客様の水槽に入れた後、生体の致死等の損害は一切負いかねます。予めご了承下さい。

残留農薬ありの定義
入荷又は出荷時点で、ミナミヌマエビが農薬で死んでしまい残留農薬が確認された商品のことを指します。ビーシュリンプ、ヌマエビ等が入っている水槽には入れないでください。また、熱帯魚等にも影響がある可能性があるので、導入時にはご注意ください。

当店では残留農薬のある商品の処理、確認を上記の通り行っておりますが、無農薬、残留農薬処理済の表記はあくまで目安です。
水草商品をお客様の水槽に入れた後、生体の致死等の損害は一切負いかねます。予めご了承下さい。

○商品到着後のお客様自身での農薬付着有無の確認方法
・ボウルなどに飼育水と水草を入れ、エビ等などを数匹入れて半日ほどしてから状態を確認してください。
(農薬の量が多いと、すぐにエビがボウルから飛び出したり、激しく動きます。また、隅から全く動かなくなる等の症状が見られます。少ない場合は徐々に動きが鈍っていきます。エビの様子を観察することで、農薬の量の判断が可能です。)

○水草に残留農薬が確認された場合の処置
一番重要なポイントは水に漬けておくことです。(浸透圧で水草に染み込んでいる農薬を、徐々に抜きます)
(農薬の量が多ければ多いほど、漬けて置かなければならない時間が長くなります)
・ウールを取り除く(ウールなどに農薬が染み込んでいる可能性があるので、ピンセットなどで丁寧に取り除く)
・バケツ等に飼育水など水を張り、1日数回、水を交換する。
・エビが反応しなくなるまで水換えを繰り返す。
・エビ等がいない水槽であれば植栽し、水換え等で徐々に抜く方法もあります。

○水草の投入後に生体の様子に変化が見られた場合の対処方法
もしエビ等が激しく動いたり、隅から全く動かなくなる等の反応を示した場合、水草に付着した農薬が原因である可能性があります。
(農薬の量が少ない場合、徐々に動きが鈍っていきますので必ず投入後は数日間、様子を確認してください)
投入した水草を水槽から速やかに取り出し、生体の様子を見ながら水換えを出来るだけ多く行ってください。(原因となる農薬を抜くことが最優先です。)
ソイルやフィルター内に農薬が残っている可能性があるので複数回行ってください。
(この方法は必ずしも生体の状態が戻ることを確約する訳ではありません。お客様ご自身の責任で行って頂けます様お願い致します。)

貝や害虫の付着を発送時に一つ一つ丁寧にチェックします
出荷の際は水草専門スタッフが1本1本を目視及び手触りをして検品を行います。流木付き水草などは前処理として二酸化炭素が充満した 水に1時間程度浸けられた後、検品後出荷されます。コケの付着はもちろん、透明で見分け難い貝の卵の付着などもチェックされます。
発送は丁寧にお送りします。温度管理も万全です。

大切に育てられた水草の状態をお客様の手元に届くまで維持するため、それぞれの水草に合ったパッキングを心がけています。
水草は輸送中に乾燥しないよう、濡れたキッチンペーパーに包まれて発送します。
お送りする地方により、毎日の天気予報を元に季節に合わせて保冷材、カイロ、発砲の有無を細かく指定し、お客様の手元に届くまでの間の温度管理をします。



おすすめ商品はこちら

おすすめ特集はこちら

  • 浄水器特集
    熱帯魚・水草・海水魚・サンゴにも安全な水を!
  • 外部式フィルター
    水質維持に効果的な外部式フィルター!
  • ソイル特集
    ソイルのメカニズムを徹底解説!
  • テクニカ
    桁違いに明るい照明はテクニカ!
  • CO2
    水草を美しく育てるCO2機器をご紹介!
  • 小型水槽グッピー・水草特集
    小型水槽を使った熱帯魚・水草の飼育を解説!
  • A&Fソイル
    安定した環境作りに!高機能性底床A&Fソイル!
  • 使いきりのミニカップならいつも新鮮。リピーター急増中!
    いつも新鮮!少量カップだからお財布にもやさしい!
  • エーハイムフィルター2213
    定番人気!初めての人におすすめ!エーハイムフィルター2213
  • 活性炭・吸着ろ材特集
    飼育水の臭い、汚れを吸着!活性炭・吸着ろ材特集
  • アクリル水槽特集
    衝撃に強く割れにくい!アクリル水槽特集!
  • 小型水槽レイアウト特集
    小型水槽の水草レイアウトをご紹介します!