日本淡水魚の魅力
日本淡水魚のとは

日本には、豊かな自然が残されており、そこには数多くの淡水魚が生息しています。熱帯魚とは違い、日本の淡水魚は一見すると地味に見られがちですが、産卵の時期には熱帯魚も顔負けの極彩色を表し、 その一方で野生的な面を感じさせてくれます。
幼いころに、川遊びや釣りなどで遊んだことのある方は多いかと思います。タナゴやフナ、ハゼなど、身近な自然にも数多くの魚を見ることができましたが、現在、その多くは少しずつ数を減らしてきているのをご存知でしょうか? 主な原因としては、護岸工事などによる生息地・産卵場所の減少や、ブラックバスなどの外来生物による影響だと言われています。昔から馴れ親しんだ日本淡水魚が、このままでは自然界では見られなくなってしまうかも知れません。

日本淡水魚の種類

日本の淡水域には、川・湖沼・田んぼ脇にある用水路などに数多くの種類が生息しており、その数は数百種類にも及びます。 同じ種類の魚でも地域ごとに色彩が異なったり、分類が正確にされていない種もあります。これらは一部の種類を除き、ほとんどの種類が常温で飼育可能です。
ここでは、飼育方法と人気の高い種類をご紹介します。

タナゴの仲間
タナゴの仲間

タナゴの飼育は、容易な種類が多く、種類によっては繁殖まで楽しむ事ができます。人気のある種類には、タイリクバラタナゴ・ニッポンバラタナゴ・ヤリタナゴ等があります。

タイリクバラタナゴは帰化種ですが、飼育が容易で年間を通じて美しい婚姻色を見せることから、初心者の方におすすめのタナゴ飼育になっています。また、透明鱗やメタリック等の改良品種も作出されています。

コイ科の仲間
コイ科の仲間

数センチのモロコ・モツゴや大型になるコイ・フナ、清流域に生息するオイカワ・カワムツ等が含まれます。

飼育はいずれも容易ですが、清流域に生息する種類は活発に泳ぎ、コイは大きくなりますので、広めの水槽を用意する必要があります。

モロコ類やフナは『いぶし銀』という言葉がよく似合う渋い体色をして,銀色の金属光沢は、角度によりキラキラと輝きます。

また、コイ科では日本唯一の肉食性魚類のハスがいます。

『へ』の字に曲がった独特の口と赤紫色の美しい婚姻色が特徴です。

肉食生魚
コ肉食性魚

ヤマメ・イワナ・ニジマス等の渓流魚、ナマズ、大型のハゼ等が含まれます。これらは、魚・甲殻類・昆虫等を食べる種類です。

どの種も食性から混泳が難しく、同種でも縄張り争いをすることがあるので、単独飼育か隠れ家を用意して広めの水槽で飼育します。

渓流魚は冷水域に生息するため飼育にはクーラーが必要になります。水温は夏場でも20℃を越えないようにします。水の汚れにも敏感なため、フィルターには余裕を持たせます。

ドジョウ
ドジョウ

日本全国の平野部の水田や湿地などに生息しています。

雑食性で、ユスリカの幼虫などを主に摂食し、味蕾(みらい)というひげで食物を探します。

ドジョウは砂に潜って身を隠すこともありますので、細かくて丸い砂を底砂にお使いになるとドジョウの体に傷がつきません。小さな土管やシェルターなどでドジョウの隠れ家を作ると水槽内でドジョウの生活風景を観察することができます。

ハゼ
ドジョウ

ハゼは淡水域、汽水域、海水域などいろいろな場所で生息しています。長い歴史を経て、湖や離島の川などでは独自の進化を遂げているハゼもいます。これらのハゼの多くは日本固有種です。

体長は1cm足らずのゴマハゼやアユカケ、ヨシノボリ、カジカなど様々な種類が日本の川や湖などに生息しています。

ハゼを水槽で飼育する上で石は必需品です。石と砂利の隙間などに隠れたり、石の表面に付いたコケなどを食べたりします。

飼育に必要な器具

水槽 魚の種類、飼育匹数、大きさに合わせて選びます。
日本淡水魚は活発に泳ぐ種類が多いので広めの水槽を用意すると自然下での生態を観察できます。

ろ過器 フィルターとも呼ばれる観賞魚飼育には欠かせない器具です。いろいろな方式のものが販売されていますので、水槽の大きさや飼育匹数に応じて選びます。
照明器具 水槽内での観察や魚を美しく見せるために必要な器具です。
暗い室内では魚の健康に悪影響が出ることがありますので、
規則正しい日照サイクルをつくることも大切です。
底砂 自然の雰囲気を演出し、魚を落ち着かせる効果があります。
底砂の各種組み合わせや流木・石等を組み合わせることで、
より生息環境に近づけることができます。
水草 水草は魚の隠れ家になり、落ち着かせる効果があります。見た目も華やかになり飼育が楽しくなるでしょう。
育成しやすい種類には、アナカリス・マツモ・バリスネリア・カボンバ等があります。これらを組み合わせて水草レイアウトを作るのもよいでしょう。
コイ科の種類では草食性の強い種類がいるので、食べられてしまうことがありますが、魚の健康状態を良くしてくれます。
クーラー 生物たちの快適な環境をつくるには、安定した水質はもちろんのこと、安定した水温を常に維持し続けることです。水温の低下には、ヒーターを使って温めればよいのですが、夏場の高すぎる水温では、適温になるまで冷却しなくてはなりません。