オカヤドカリ

オカヤドカリ

オカヤドカリってどんな生き物?

目

ヤドカリをペットに!?・・・と思われる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、実はここ最近その見た目のかわいさと、愛嬌のある動き、更に熱帯魚などよりも比較的楽な設備投資で飼える事から密かなブームになりつつあります。
オカヤドカリはその名のとおり陸に住むヤドカリです。陸生のオカヤドカリは海生のヤドカリと違い、特にたくさんの海水などを必要としません。(水飲み場に少しおいておく程度でOK)

オカヤドカリの特徴といえば、なんといってもかわいい顔!つぶらな瞳!
実はヤドカリってこんな顔してたんです…。
オカヤドカリの大好物はポップコーン。ムシャムシャと食べている姿を眺めているととっても癒されます!

おかやどかり天然記念物に指定されるオカヤドカリですが、市場に出回っている個体は国から許可を受けた組合が採取しているものです。

※シーズンによっては販売していない場合がございます。

オカヤドカリの育て方

水槽レイアウト
飼育する水槽は脱走防止のために蓋付きのものを選びましょう。大きさは広ければ広いほどいいですが、がヤドカリの動きはゆっくりなので、30cm程度の水槽でも十分飼うことができます。(個体の大きさや飼育する数によります)※小さな個体なら30cm水槽で4〜5匹程度同居可能。
脱皮時などには砂の中に潜るので、オカヤドカリが潜っても全身隠れるぐらいの量のを敷いておきます。オカヤドカリの高さの2倍以上の量が良いでしょう。
また、オカヤドカリは意外と力もちなので、軽いアクセサリーなどは移動中に動かされてしまう場合があります。流木などを置く場合は、レイアウトウッドなど重石のついたものを選ぶか、石などをくくりつけて転がらないように固定しましょう。
オカヤドカリはあらゆる場所を歩いたり登ったりして移動します。流木やシェルター、アクセサリーをたくさんおいてアスレチックのようにしてみてください。
オカヤドカリ生体
30cm水槽各種
プラケース各種
オカヤド用底砂各種
ヤドカリの遊び道具

※シーズンによっては販売していない場合がございます。

オカヤドカリの家

ヤドカリの家といえば貝殻ですね。
ヤドカリは成長に合わせて次々に貝殻(ヤド)を換えていきます。引越し先の貝殻が用意されていないと、貝殻の中から出てきてそのまま死んでしまう事もあります。引越し先の貝殻はあらかじめ複数用意しておいてあげましょう。
オカヤドカリはどんな貝殻を好むのでしょうか…?オカヤドカリはよく砂の中にもぐります、もぐる際に邪魔にならないデコボコが少ないもの、自分の体がしっかり入るもの、軽すぎずほどよい重さのあるもの、を好むようです。
貝殻はペイントが施されたユニークなものなどもあって種類が豊富ですし、無地の貝殻に油性インクを使って自分でペイントしてみるのも楽しいかもしれません。
ただし、オカヤドカリは自分が気に入った貝殻にしか住みませんので、気に入ったものが見つかるようにいろいろな種類の貝殻をいくつか用意してあげましょう。

yado

ヤドカリには欠かせない貝殻!

オカヤドカリの隠れ家

オカヤドカリは、岩の窪みや物陰で休むのが大好きです。
ガジュマルや流木、 アクセサリーを色々置いてリラックスできる隠れ家を作ってあげて下さい。

ヤドカリのかいがら用品
シェルター各種
保温球各種
室温/温度計各種
霧吹き
エサ皿・給水器

オカヤドカリの家

オカヤドカリは雑食なので基本的にどんなものでも食べます。特に大好きなのがポップコーン。ほかには果物、野菜は大抵のものは食べますし、魚の切り身や海草など、夕飯の材料をちょっとだけ与えてみてもいいかも。 オカヤドカリはきれい好きですので、エサが傷む前に片付けておきましょう。
毎日同じものを食べさせるのではなく、バランスよく色々なものを与えてあげてください。

yado

実はポップコーンが大好き!

温度・湿度調節はしっかりと

オカヤドカリを飼う際に一番重要なのは、温度と湿度の管理です。オカヤドカリがもっとも元気でいられる温度は25℃〜30℃。
湿度は60%以上が良いようです。
温度が20℃を下回るようであれば、ヒーターや保温カバーなどで水槽内の温度を調整してあげましょう。
また、オカヤドカリは殻の中が乾燥してしまうと呼吸が出来なくなってしまいます。水のみ場で水浴びをしているのはヤドの中に水を取り入れるためです。
底砂に定期的に水を散布して湿らせておくようするといいでしょう。

ヤドカリゼリー
ヤドカリランチ
ココナッツウォーター
ヤドカリポップコーン
ヤドカリオアシス
天然海水 各種

メンテナンス

飼育水は清潔に
水飲み場は、オカヤドカリの水浴び&お風呂としても使われます。
水浴びのついでに殻の中からフンを出してお掃除をすることがよくあります。
また、穴掘りや移動する際に砂が入ってしまう場合もあります。水が汚れてきたらすぐに換えてあげましょう。
砂を洗う
食べ残し、水をこぼした跡、オカヤドカリのフンなどでだんだん砂が汚れてきます。
飼育している個体の数などにもよりますが、2週間〜1ヶ月に1度ぐらいまたは砂が汚れてきたら砂を丸ごと洗って天日干ししてあげましょう。
フンや食べ残しなどはこまめにピンセットで拾っておくと清潔さを保つことができます。

大切に育ててあげましょう

オカヤドカリの寿命は10年とも20年とも言われています。大切に育てればそれだけたくさん一緒に過ごすことができます。
気温が下がる冬場は特に注意が必要ですし、夏も温度が高くなりすぎないように心がけましょう。
水槽のお掃除屋さん
アクリル水槽特集
水槽にバックスクリーンを貼ってみよう