手作り睡蓮鉢彩

商品ラインナップ

大きめの睡蓮鉢ご紹介






小さめの睡蓮鉢ご紹介




焼き方で選ぶ










彩をより深く知る

「明朗」「豪放」、まさにこの男を形容するに相応しい言葉。
しかしこの男の指先はそんな言葉に似つかわしくないほどの繊細な動きで我々に"匠"を見せつけた。天賦の才が織り成す神々しいまでの仕上がりに思わず息を呑む。
次々に紡ぎ出される至高の品々。
それぞれに一点の曇りなどあるわけもなく、ただ仏の如く無心で土と戯れる男の背中と男の産物に垂涎の眼差しを注ぐ。
火を自在に操り、自らの燃えたぎる情熱と共に男は工房に"彩"という名の大輪の花を咲かせ続けた。
一心不乱。緊張感が走る。
睡蓮もこの鉢なら見事に咲くに違いない、そう思わせる空気が工房に充満する。張り詰めた緊張感の中で創出されたこの睡蓮鉢一つ一つに作り手の魂が宿る。
この鉢には"心"がこもっている。

彩について

栃木県南東部に位置する益子町。
陶器で有名なこの地で一つ一つ丹念に作られる睡蓮鉢、彩。
妥協を知らない職人の手によって精魂込めて作られた鉢にはそれぞれ表情があり、決して優劣などつけることのできない“味”が備わっている。主役である睡蓮・ハスをいたずらに邪魔することなく、存在感を損なわない頼もしい仕上がり。
職人の巧が贅沢なまでに注がれた鉢で大輪の花を咲かせてみてはいかがですか?

職人の証言

こだわりぬいた睡蓮鉢“彩”。
そのこだわりの核心に触れるためインタビューを決行した。
頑固な男は苦悶の表情を浮かべながら、彩に込めた思いを大切にそして噛み締めるように言葉にしたためる。
睡蓮鉢は陶器としては大変大きく最も難しい部類に入るという。
完成に至るまで様々な行程を経るわけだが、各工程で「ひび」が見つかり、その見つかった鉢は言うまでもなく商品にはなり得ない。
最終工程でひびが発見されることも多く、愕然とすることも少なくないという。
商品になる確率はなんと50%。天候にも左右される鉢作り。最終工程まで辿り着いたもののほとんどがボツになることもある。
そんな中で生き残ってきた“彩”には職人のドラマが凝縮されているのだ。


製造工程

一つの鉢を作り上げるのにかかる日数、約2ヶ月。
“彩”は一筋縄ではいかない頑固なつわものなのである。
手間隙かけて完成した“彩”には職人の熱い思いが込められている。
その製造過程を惜しげもなくご紹介します。

1. 職人がこだわりを持って選んだ二種類の粘土を混ぜ合わせる。
2. 真空土練器で練りこみひびの原因となる空気を抜く。
3. 形作り。
4. 2日後、底部その他の削り。
5. 3週間の乾燥(乾燥スピードを調節するため季節に応じビニールをかける)。
6. 釉薬を塗るための素焼き(24時間じっくりと時間をかけ650度から850度まで丁寧に温度を上げていく。急激な温度変化はひびを招くので細心の注意が要求される)。
7. 釉薬を塗り、彩に化粧を施す。
8. 本焼きで命を吹き込む(24時間1280度で焼き上げる)。
9. 冷め割れを防ぐため2〜3日という長い時間をかけて焼いた鉢を冷ます。
10. 最終チェックとしてたたいてその音で内部に細かなひびが生じていないかを確認する。


工房ギャラリー


緊張感の張り詰めた工房。それはまさに“静”の空間。そこに余すところなく職人の技と情熱がほとばしる。その姿たるやまさに“動”。両極が調和したとき生み出される珠玉の逸品、それが彩なのです。彩が誕生する貴重な様子を是非ご覧下さい。

動画



おすすめ商品


ヒメタニシ

鉢に生える藻類を食べてくれて、水質を浄化してくれます。

メダカ 各種

丈夫で暑さに強いメダカはビオトープで一緒に飼うのにおすすめ。

ビオトープの栄養素

スイレンやハスをはじめとした水生植物におすすめの栄養素です。定期的にご使用になるとよいでしょう。

スイレンとハスの土

専門スタッフが、手練で丁寧に良くこねたスイレンやハスに適した水生植物専用培養土です。

あぜなみ・仕切り

ビオトープレイアウトに立体感を出すための必須アイテム、あぜ波です。

ビオの差し水君(給水用アダプター)

ペットボトルと水道ホースに接続、水を濁さず緩やかに給水できます。

手袋・軍手

ガーデニング作業を便利に!安全に!

長靴

ガーデニング作業を便利に!安全に!

関連特集ページ














▲チャームのトップページへ