セットから2〜3週間経つと、水草の生長も徐々に早まりますが、同時に徐々にコケも目立ち始めます。
そんなコケを食べ水槽内を綺麗に保ってくれる生体をご紹介します。
水草水槽はもちろん、ビオトープなどでも大活躍します!



コケ取り魚として最も有名な魚で、南米原産の小型ナマズの仲間です。吸盤のような口で水槽壁面や、水草表面のコケをなめ取るように食べ、茶ゴケに対して非常に効果的なクリーナーフィッシュです。水草を食害することがなく水槽に数匹いれておくとコケ予防になります。サイズも小型で愛くるしい表情からファンも多く、珍しい種類も多いことからコレクション性が非常に高いのも魅力です。

茶ゴケを主食とするため、水槽内での長期飼育では人工飼料にいかに餌付けるかが重要です。プレコやコリドラス用のタブレットだけでなく、底砂に落ちたフレークフードも食べますが、エサと認識するようになるにはやや時間がかかります。茹でたほうれん草、水槽内に立てたきゅうり、赤虫やブラインを食べさせる方法も知られますが、水質の悪化や他の混泳魚に食べられないように注意が必要です。またソイルや流木の入った水槽であれば、齧らせることで餌付くまでの期間を乗り越えやすくなります。


タイ、インドネシア、ボルネオ原産のコイ科の魚です。古くから水槽のコケ取りとして有名で、除去が困難な黒いヒゲ状のコケを食べてくれることから重宝されています。成長が遅く黒ヒゲゴケの付きやすい水草をレイアウトに使用する場合は特に効果を発揮します。

飼育は容易で水質にも良く適応してくれます。人工飼料に慣れすぎるとコケをあまり食べなくなり、成魚になるとコケ取りとしての働きは悪くなります。基本的に他魚に対しては温和で混泳も問題ありませんが、成魚になるとテリトリー意識が強くなるので餌の与えすぎには注意が必要です。また泳ぐスピードが早いことから飛び出し事故に注意が必要です。


釣り餌などにも使われ、水槽内で糸状コケや残餌をよく食べてくれます。ヤマトヌマエビはコケ取り能力が非常に高く、水槽内に入れておけば確実にコケの抑制に役立ちます。特に糸状のコケには効果抜群ですが、入れすぎると水草の新芽等を食害することがあります。ミナミヌマエビはヤマトヌマエビに比べ体が小さいためコケ取りには多めに入れたほうがよいでしょう。ミナミヌマエビは水草の食害がほとんど無く、小さな水草を引き抜いてしまうといったこともありません。水槽内での繁殖が可能で、様々な色彩のバリエーションがあるといった特徴を持ちます。

両種とも水槽内で飼育できるエビの中でも丈夫で、水質への順応能力も高いです。しかし高いアンモニア濃度や極端に低いpH、魚病薬や水草の農薬などの薬品にも弱いので注意が必要です。また夏場の高水温による溶存酸素量の低下は特に危険です。魚にとってエビは格好のエサになってしまうので、エビが口に入るサイズの魚との混泳には向きません。


日本の南西諸島や東南アジアに生息する貝で、水槽ガラス面のコケを取る能力が高くコケ取りとして人気の貝です。汽水で増える貝なので、水槽内で増えすぎて困る事もありません。水槽に入れておくとコケ予防に非常に高い効果を発揮してくれます。また、カノコガイの仲間には多くのバリエーションが存在するためコレクション性も非常に高いといえます。

水質に対する適応能力が高く非常に丈夫な貝ですが、本来汽水に生息する貝なので極端にpHが低い水は好みません。またひっくり返ると起き上がれずにそのまま死んでしまうことがあるので、水槽壁面から落下したときなどは戻してあげる必要があります。成長すると殻の頂部や、トゲの先端が浸食されますが飼育にはまったく問題ありません。カノコガイの仲間は夜行性が強く、活発に活動しているときは水槽上面まで登ることがあるので、脱走に注意が必要です。

おすすめ特集
カノコ貝

インド、東南アジア原産の巻貝です。インドヒラマキガイのアルビノ種で、色が美しく水槽内の藻類を良く食べることで古くから水槽のコケ取りとして重宝されてきました。また残った餌の処理能力が高い点、糞がバクテリアの良い棲家になる点、塩分に強い点から卵生メダカやグッピーのブリード水槽などでも良く使用されています。藻類除去能力が高く、残餌も良く食べることから掃除屋の名にふさわしいといえます。繁殖は容易でよく殖え、数が増えすぎると葉の柔らかい植物を食害することがまれにありますので、そのときは適度に間引くとよいでしょう。

水質、水温に対する適応能力が高く非常に丈夫な貝です。特別に餌を与えなくても水槽内で発生するコケや有機物を食べて生きることができます。水質が悪化すると水面付近に上がり、水質がアルカリ性に傾くと繁殖スピードが上がるので水質の指標にもなります。極端にpHが低い環境はあまり向いていません。水槽内で簡単に増やすことができる反面、殖えすぎると水草の食害などのデメリットも生じます。


日本にに生息する巻貝です。沼、小川、水田の用水路などの浅いところに一般的に見られ、石等に付く付着藻を主食とし、水槽やビオの鉢内の植物プランクトンの大発生を抑え、汚泥を積極的に摂食してくれるなど、水質浄化に役立つことが知られています。また、ビオトープにおいても大敵となるトロロコンブ状のアオミドロをよく食べてくれるので非常にお薦めです。繁殖は容易ですが、卵胎生で産仔数が少ないことから数の調整がしやすいのも魅力です。数が増えすぎて極端に餌が不足する環境では、まれに植物が食害されることもありますので、そのときは適度に間引くとよいでしょう。

水質、水温に対する適応能力が高く非常に丈夫な貝です。特別に餌を与えなくても水槽内で発生するコケや有機物を食べて生きることができます。酸素が不足したり、水質が悪化すると水面付近に上がり、アンモニアや亜硝酸塩が多くなると殻を閉じてしまうので水質の指標にもなります。高水温に比較的強い種ですが、水量の少ない水鉢などでは水温が上がり過ぎないように注意してください。極端にpHが低い環境はあまり向いていません。簡単に殖やすことができる反面、殖えすぎると水草の食害などのデメリットも生じます。

日本原産の小型の二枚貝です。河川の砂地に生息し、ヤマトシジミと違い純淡水に生息します。水中の有機物を食べることから水質浄化に非常に効果的で、アオコが発生してグリーンウォーターになった水槽に威力を発揮します。また水槽内の有機物が減ることでアオコ以外の藻類の予防に効果的です。

砂中に潜るため一般的な水生植物育成に使われる粘土質および泥質の底床用土の上に、粒の細かい砂を数cmほど敷き詰めてあげると良いでしょう。また、砂中に潜ってしまうと回収が難しくなることからネット、プラケースに入れて水槽に沈めておく方法も有効です。高水温や酸欠に弱い点に注意が必要で、エサの確保の点から長期維持が難しいです。

メキシコ原産のブラックモーリーをライヤーテールにした改良品種です。漆黒の体は存在感があり、水草にも非常に映える美しい魚です。大食漢で草食性もあるため、糸状藻や藍藻、油膜の除去に貢献してくれますが、好んで食べるわけではないので給餌量を調整する必要があります。飼育は容易で一度水に慣れれば強健な種ですが、細菌性の感染症に弱く導入時には注意が必要です。他の卵胎生メダカ同様に繁殖は非常に容易で、やや大きめの稚魚を生みます。

病気にさえならなければ非常に丈夫で、エサも何でも食べてくれる非常に飼育の容易な種です。植物質のエサを好みます。近年のプラティやモーリーの仲間は細菌性の感染に患いやすく、輸入直後や水質が変わった際に調子を崩しやすいです。塩分に強いので、病気の予防に塩を60cm水槽で一握りほど入れると良いでしょう。

グッピーと共に古くからアクアリウムの世界で愛好される卵胎生メダカです。原種は尾ビレの付け根付近に三日月模様を持つことからムーンフィッシュとも呼ばれます。この尾ビレの模様と体色に着目して多くの改良品種が作られ、派手な色と、愛嬌のある姿、繁殖の容易さから入門魚とされています。海外では愛好家も多く、ドイツやヨーロッパのより美しい改良品種も知られます。飼育、繁殖共に容易で、糸状藻をついばむので、コケの除去には力不足ですが、予防に役立ってくれます。

病気にさえならなければ非常に丈夫で、エサも何でも食べてくれる非常に飼育の容易な種です。植物質のエサを好みます。近年のプラティやモーリーの仲間は細菌性の感染に患いやすく、輸入直後や水質が変わった際に調子を崩しやすいです。塩分に強いので、病気の予防に塩を60cm水槽で一握りほど入れると良いでしょう。


バイコム アルジガード

テトラ アルジミン