スイレンを越冬させる!冬の保管・維持方法を解説

スイレンの保管・維持方法 スイレンの保管・維持方法

温帯性スイレン

保管の適温 5℃〜15℃

温帯性スイレンは、低温に強い種類ですが、さすがに氷点下になるような寒い環境では腐ってしまいます。水温や気温を極端に下がらない屋内での管理が望ましいです。

※冬の間は、上記の温度を下回ると腐ってしまい、上回ると発芽してしまうので、温度管理には注意が必要です。

熱帯性スイレン

保管の適温 10℃〜15℃

※冬の間は、上記の温度を下回ると腐ってしまい、上回ると発芽してしまうので、温度管理には注意が必要です。

管理の対応 管理の対応

温帯性スイレン

1 スイレン鉢ごと屋内へ移動します。

※越冬中の休眠期間中には、スイレン鉢の中に肥料などが含まれないようにします。
※肥料が確実に鉢の中からなくなるように9月頃から調整します。

2 植えつけているスイレン鉢に水を張り、大き目のバケツや発泡スチロールに入れて保管し越冬させます。

※植えつけている鉢が大きい場合は、小型の姫スイレン鉢やポットに植え替えます。

熱帯性スイレン

1 休眠期間(11月ごろ)に入ると水温・気温が著しく低下しますので、植えつけている球根を取り出して、葉や根っこを取り除き水でドロなどを洗い流します。

2 肥料などが含まれていない赤玉土をボール状の容器に入れて少量の水を加え粘土状になるまで練ります。

3 お団子のように練った状態の赤玉土を伸ばして、スイレンの球根が隠れるように覆い被せます。

4 まんべんなく赤玉土で包んだ球根を空気に触れないようにビニール袋などで密封します。

※直射日光を避けて、気温が10℃〜15℃を保てるような屋内環境で保管します。

こんなアイテムがあると、さらに便利! こんなアイテムがあると、さらに便利!