エアープランツ ティランジア レオナミアナ(1株)

商品番号:
56776
出荷区分:
用品
商品画像
閉じる
エアープランツ ティランジア レオナミアナ(1株)
エアープランツ ティランジア レオナミアナ(1株)
同じカテゴリから探す

商品情報

土が不要で簡単に育てられる不思議な植物!上手に育てれば美しい花も楽しめます!

エアープランツは空気中の水分を吸収することによって生長するパイナップル科の植物の総称です。土に植える必要がない為、室内の様々な場所で気軽に飾ることができます。

管理は週に一度、霧吹きで株全体を湿らす程度なのでとても簡単です。お好みの器などと組み合わせれば、オシャレなインテリアプランツの完成です。

エアープランツ ティランジア レオナミアナ(1株)
本種の特長

パイナップル科(Bromeliaceae)の植物。エアープランツと呼ばれる観葉植物の一種で、葉の表面に持った白い鱗片(トリコーム)で霧中の水分や養分を吸収する銀葉系の仲間です。

銀葉種の普及種で、比較的強健なため初心者の方にもお勧めです。

学名(※)

Tillandsia leonamiana

(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。

商品サイズ(約)
  • 幅8~10cm × 高さ8~10cm程度
  • 入荷状況や生育度合いにより、サイズは前後いたします。あくまでも目安としてご覧下さい。
ご注意
  • 画像はイメージです。撮影小物等は付属いたしません。
  • 入荷状況やお届け時期により花の有無は異なります。
  • 葉の一部に燐片が剥げた部分や折れ傷、穴あき、キズがある場合があります。また葉先が茶色くなっている場合がありますが、植物全体が枯れているわけではございません。
  • 植物の特性上によるものです、ご了承の上お買い求めください。
JANコード

2250000567760


エアープランツとは?

 エアープランツとは、南米を中心に分布している、空気中の水分を吸収することによって成長するパイナップル科の植物です。ティランジアやフリーセアの仲間が有名です。現地では木や岩などに着生しています。500種類以上確認されていますが、容姿や花の色彩などが優れている種類は200種類程度と言われてます。その中でも地域変種なども多く、コレクション性が高いです。 ティランジアは高度が0m~3500mと非常に生息域が広く、低高度域の植物ほど育てやすく、高高度域ほど暑さに弱く、特殊な環境を要求するので栽培は難しくなります。 「緑葉系」、「銀葉系」の二つに分けることが出来ます。

  • 銀葉系:葉の表面に持った白い鱗片(トリコーム)を持ち、これにより空気中の水分や養分を取り入れる仲間
  • 緑葉系:葉の根元に水をためるタンクをもつ仲間。ツルツルとした触感です。
エアープランツの育て方
水やり

エアープランツと呼ばれてはいますが、植物ですので水やりは必須です。週に2、3度霧吹きで水を与えましょう。その際、気温の高い日中に水やりをしてしまうと株元が蒸れて腐敗の原因になります。朝、夕方~夜に水やりを行うと良いでしょう。夏季や冬季は気温が下がり成長が遅くなるため、水やりは控えめにしてください。
葉がしおれる、葉の先端が枯れてしまうなどの症状が出たら水分が不足している可能性があります。霧吹きの回数を増やすなどして対応します。株全体を水に浸すソーキングという行為がありますが、負担になるので出来るだけ普段の管理で間に合わせるようにしてください。また銀葉系はソーキングを頻繁に行うとトリコームが取れてしまい、観賞価値が下がります。

置き場

エアープランツと呼ばれるように空気の流通が非常に大事です。蒸れにとても弱い植物です。夏場の蒸れやすい時期には、換気をまめに行う、扇風機で風を回すなどの工夫が必要です。また夏場は日差しが強いため、カーテン越しの光で管理したり遮光ネットで光を遮るなどの工夫も必要となります。

  • 銀葉系:乾燥気味のほうが美しく育てられます。
  • 緑葉系:水を好む種類が多く、水ゴケ植えなどある程度保湿が出来る環境を好みます。

光の良くあたる場所で管理していると、株の色が上がり花芽もあがりやすくなります。高地に自生している植物なので寒さには比較的強いですが、5℃を下回るような環境は避けた方が良いでしょう。種類によっては、株の根元が入る程度の鉢にバークや軽石などを入れ、その上に株を乗せた方が成長がよくなるものもあります。基本的に水を好む種はこのような管理方法の方が良いでしょう。

増やし方

花が咲いた後のエアープランツは大体1~2の子株を生じます。そのまま育成を続け有る程度成長したら株分けを行いましょう。また、株分けをせずに群生する様子を楽しむのも良いかもしれません。また、エアープランツは比較的種を取りやすい種類が多いです。種が採取できたら、ヘゴ板やコルク板に蒔き水やりをし続ければたくさんの子株を得ることが出来ます。ただし、成長には数年~10年以上の長い年月が必要になります。

注意

※生産者のタグが付いていることがありますので、外す際に葉や株が外れないようにご注意下さいませ。


ガーデニングの用語一覧
葉水(はみず)
⇒霧吹きで葉に水を吹きかけること。空中湿度を保ったり、葉の温度を下げるなどの目的で行う。
元肥(もとごえ)
⇒植物を植える際、あらかじめ用土に加えておく肥料のこと。
追肥(ついひ)
⇒植物を育てている途中で補給する肥料のこと。もしくはその肥料を補給すること。
お礼肥(おれいごえ)
⇒花を咲かせたり果実を収穫した後の、植物を回復させる為に与える肥料のこと。主に速効性化成肥料を用いることが多い。
寒肥(かんごえ)
⇒冬に農作物や庭木に施す肥料のこと。主に遅効性肥料(有機質肥料)を用い、休眠期に土中で分解させておくことで、春にちょうど良い 具合に効き始め効果が持続する。
根腐れ(ねぐされ)
⇒水や肥料を与えすぎたり、水はけが悪いなどの原因で根が腐ること。根腐れを起こした植物は、悪臭を放つ場合がある。
葉やけ(はやけ)
⇒直射日光の当てすぎで、葉が変色したり、枯れたりすること。
短日処理(たんじつしょり)
⇒暗期が一定時間より長くなると開花が促進される植物(短日植物)に、光の当たる時間を調整すること。
苞(ほう)
⇒葉が変形したもので、つぼみを包んでいた葉のこと。花を保護する役割がある。

商品の購入制限について

「お一人様〇点限り」と記載された商品はその数量まで購入可能ですが、特に記載がない場合も、購入数量を制限させていただく場合がございます。

別途送料・手数料の発生について

ヤマト宅急便タイムサービス(タイム便)、クール便、関東当日便等は、基本送料とは別に手数料が発生します。

中型便、大型便、超大型便は、基本送料とは別に中型便、大型便、超大型便手数料が発生します。

配送時間指定について

中型便、大型便、超大型便対象商品、北海道・九州・沖縄・一部離島への生体を含むご注文は配達時間の指定ができません。

全体的な受注、出荷の状況により、ご指定可能な配送時間帯が変わる場合がございます。詳細は配送・お届けについてでご確認ください。

発送単位はご注文ごと

複数の日にまたがって頂いたご注文は別個での配送となります。

お届け先が同じ別個のご注文をまとめること、1度のご注文を複数回に分けて発送すること、は承っておりません。

梱包資材について

商品の固定、緩衝材として、ポリ袋(ビニール袋)エアー緩衝材、新聞紙、プチプチ、ラップ等を使用しております。

商品自体の箱に十分な強度がある場合に限り、開封して納品書を中に入れ、梱包せず発送することがございます。簡易包装へのご協力をお願いいたします。

梱包につきまして、メーカー等の段ボール、発泡スチロールを二次利用させていただく場合がございます。

商品の同梱について

アクアリウム用品、園芸用品、その他ペット用品を同時にご購入いただいた場合、同一梱包でのお届けとなります。

箱売りの商品をご注文の際、同封できるサイズの商品を併せてご注文いただいている場合は、それらを同封して発送する場合がございます。

同梱する商品の組み合わせによって発送サイズ、重量、配送条件等が変更となった場合、梱包前に送料を加算させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

返品時の発送について

当店指定外の運送業者による配送や梱包形態を指定して返送された商品は保証対象外とさせていただきます。詳細は各種保証と免責事項をご確認ください。

同じカテゴリから探す