熱帯魚図鑑 - エンゼルフィッシュ | チャーム

エンゼルフィッシュ

  • 淡水
  • 海水
  • 弱酸性
  • 中性
  • 弱アルカリ性
エンゼルフィッシュ
名称
エンゼルフィッシュ
学名
Pterophyllum scalare
分類
スズキ目ベラ亜目シクリッド科エンゼルフィッシュ属
別名
並エンゼル
分布
ブラジル、ペルー、コロンビア、ギアナなど
全長
最大160mm程度
飼い易さ
普通
熱帯魚飼育の基本が抑えられていれば、飼育が可能です。
水質の悪化や低温には弱い傾向があります。
弱酸性~中性の水に適しており、弱アルカリ性の水には適していません。
初期費用
安い
飼育だけなら水槽・フィルター・ヒーターの基本3点セットがあれば、難なく飼育可能です。
水槽は小型の30cmキューブ水槽で十分、フィルターは安価な水中フィルターで十分、ヒーターは26℃固定式のオートヒーターで十分と、安価なランクの器具でも問題無く飼育可能です。
混泳のしやすさ
混泳不向き
低層魚のプレコやコリドラスは混泳の相性がいいです。
小型のカラシンなどはエンゼルフィッシュが成長すると食べられてしまうことがあるため、混泳には適していません。
同種間でも争う場合があるので、はじめてなら単独飼育がオススメです。
水草
可能
水草との相性も抜群です。
美しくなびく水草レイアウトに優雅に泳ぐエンゼルフィッシュを合わせると、大変美しい水景を表現できます。
水草をかじったりすることもありません。
水温
普通
22~27℃に適しています。
最も調子が良いのは25℃前後であり、この付近の水温に設定しておくのが理想的でしょう。
一般的な温度固定式のオートヒーターでも十分です。
寿命
長生き
寿命は熱帯魚の中では長く、5~7年程度とされています。
複数飼育しているとペアを形成し、産卵、子育てする姿を確認することができます。

エンゼルフィッシュについて

エンゼルフィッシュ

熱帯魚の代名詞とも言える非常に有名な熱帯魚です。
飼育は容易で、熱帯魚飼育を学ぶために適した種と言えます。
体型や大きく伸びたヒレが特徴的で、優雅に泳ぐ姿が魅力的です。
また、飼育環境に慣れるとエサを求めて水面に口を向ける姿も大変魅力的と言えます。
近年では原種系以外にも品種改良された様々な品種が流通しています。
改良品種は以下のように、様々なバリエーションが存在しています。

バリエーション

エンゼルフィッシュの飼育方法

給餌
  • 浮上性
  • 顆粒
フレークでも顆粒のものでも、どちらも食べます。何でも良く食べ餌付けには苦労しません。口が小さいため粒の場合は小粒のものを与えましょう。浮上性がおすすめです。
成長するとフレークでは細かすぎるので、顆粒タイプのエサが良いでしょう。
1回5分で食べきる程度の量を、1日2~3回程度に分けて与えるのが理想的です。
食べ残しが出るようであれば、網ですくいとって除去しましょう。
水温
  • 22~27℃
25℃前後が適温で、22~27℃が適応可能です。
基本的な飼育には、飼育水槽サイズに適したヒーターが1本あれば十分です。
水温が22℃を下回る場合はヒーターが必要です。
水温が27℃以上になる場合は冷却ファンを使用してください。
水温が35℃以上になる場合は、クーラーも必要です。(ただしこの場合は、そもそもの飼育環境自体を見直す方がオススメです。)
換水
  • 週1回
  • 約50%
週に1回、約半分の水を残して水換えします。
新しい水は水槽の水と同じ温度に合わせて置き、カルキ抜きなどで塩素を中和してから入れます。
水質の変化に敏感なので、水温・水質を急激に変化させないようにしてください。
病気
  • 尾腐れ病
  • 白点病
  • 尾腐れ病
    細菌の感染により、尾ビレの先端が溶けてしまう病気です。
    購入後の移動や他魚からの攻撃により発生したスレ傷から進行してしまう場合が多いです。
    網ですくう際や混泳の際には尾ビレや口にダメージを与えないように注意しましょう。
  • 白点病
    ヒレや体表などに白い点が付く、観賞魚が発症する代表的な病気の1つです。
    購入後の移動、水温・水質の変化によって発症してしまう場合が多いです。
    生体導入時のトリートメントを行うなどして、水槽内に持ち込まないようにするのが重要です。
特徴
  • 泳ぐ天使
エンゼルフィッシュは大きなヒレでゆったりと泳ぐ姿が天使に例えられたことからその名が付いたとされています。
強く側扁した菱形の魚体に、長く伸長した背ビレと腹ビレ、尻ビレを持つ独特のフォルムが特徴的です。
スカラレ・エンゼルは銀色の退色に黒色の縞模様が入ります。
ワイルドでも他の原種系エンゼルフィッシュと比較すると水質の変化に強く、繁殖も容易です。

エンゼルフィッシュの生態

エンゼルフィッシュ

分類的にはシクリッド仲間に属します。
強く側扁した菱形の魚体に、長く伸長した背ビレと腹ビレ、尻ビレを持つ独特のフォルムが特徴です。
並エンゼルは別名で、スカラレ種のことを示します。
スカラレ・エンゼルはワイルドではペルー産やコロンビア産が主に流通しており、ペルー産の個体はプロポーションが良いことからペルーアルタムの名でワイルド個体が流通し、美しい色彩と優雅な姿が魅力的な種です。

身体の各所にブルーメタリックが発現する品種をエンゼルフィッシュ・ブルーと呼びますが、これもスカラレ・エンゼルから派生した品種です。
また、ほとんどの改良品種が元をたどればスカラレ・エンゼルにたどり着くとも言われています。
飼育下でも繁殖は容易で、ワイルド個体でも水質の変化に強い傾向にあります。

繁殖は容易ですが、雌雄判別は困難なため、繁殖を狙う場合は複数飼育し、自然形成されたペアを得る必要があります。
出来上がったペアは一緒に行動し、他の魚を追い払うようにテリトリーを主張するようになります。
ペアが形成されしばらくすると、最も安全で産卵しやすい場所を自分たちで探し一生懸命に産卵したい場所を口で掃除します。
主に、アマゾンソードなどの葉部分が大きく伸びた水草やフィルターのパイプなどに産卵します。
一度に産む卵の数は500~700個ほどとされています。

産卵後は親が卵や稚魚の世話をするので、魚に任せておいて問題ありません。
他のエンゼルフィッシュや若いペアの場合は食卵してしまう場合があるので注意が必要です。

稚魚が孵化した場合、隔離などはする必要がありませんがブラインシュリンプを与える必要があります。
孵化から数日はエンゼルフィッシュとは判別できないような姿をしていますが、10日もすればエンゼルフィッシュだと分かる姿になります。

エンゼルフィッシュは昼行性です。夜は水草の陰などでじっとすることで、眠っています。
ライトはあっても無くても飼育には問題ありませんが、あった方が鑑賞性は良いでしょう。

エンゼルフィッシュ飼育セット

エンゼルフィッシュ水槽の立ち上げに必要な物が全て揃った水槽セットです。
扱いやすい30cm水槽とフィルター、LEDライト、水温計、カルキ抜き、エサ、底砂がセットになっています。
お好みで水草や石、流木などを別途追加することで、ご自由にレイアウトを作成いただけます。
水槽を立ち上げて2週間ほど動かしたら、本命のエンゼルフィッシュを泳がせましょう。

エンゼルフィッシュ飼育セット

セット内容
説明
標準的な30cmキューブ水槽にヒーター、フィルター、ライトがセットになった、熱帯魚飼育の基本セットです。
オールガラス水槽にはじめてでも扱いやすいフィルター、ヒーターが付属します。

その他のおすすめセット

エンゼルフィッシュ飼育用品の選び方

水槽
扱いやすく、美観にも優れる30cmキューブ水槽がおすすめです。
水槽台
水槽は30cmキューブ水槽専用の水槽台に設置しましょう。
照明
幅30cm水槽に適合したものを選びます。
水草を植える場合は明るさを示すlm(ルーメン値)に着目して高いものを選ぶと良いでしょう。魚だけの場合は、安価な物でも問題ありません。
フィルター
はじめての方には水中フィルターがオススメです。
水中モーターで汚れを吸い込み、濾しとって綺麗になった水をまた水槽に戻すフィルターで、専用ろ材がセット済みなため電源を入れるだけで動作する扱いやすさが特徴です。
水槽外にフィルターがはみ出さないので、水槽外をすっきりコンパクトに設置できます。
底床
エンゼルフィッシュの場合、砂利系または砂系がオススメです。
ソイルでも順応させれば飼育は不可能ではありませんが、砂利系のほうが失敗は少ないでしょう。
エンゼルフィッシュ以外の魚を主役として混泳させたい場合、エンゼルフィッシュが主役の魚に合わせる形としてソイルを採用するのはあり得ます。
ヒーター
26℃設定の、水量25L以下に対応したオートヒーターで十分です。
80W程度が目安となります。
フード
フレーク、顆粒どちらのタイプも食べます。 顆粒の場合、できるだけ小粒で浮上性のものが良いでしょう。
大きくなったらフレークは食べにくいので、顆粒タイプの物を与えると良いでしょう。
餌付けにも苦労することはほとんどなく、与えれば食べます。
水温計
ヒーターが正常に稼働しているかどうかの動作確認に必要です。
数字の読み取りがしやすい、お好みのサイズ・デザインのものを選ぶと良いでしょう。
正確性を求める方は、デジタル式のタイプもオススメです。
カルキ抜き
水換えの際の必需品です。
多くのご家庭では水道水を使用していると思います。水道水には魚にとっては有害な塩素が含まれており、この中和のために使用します。
コンディショナー効果も付加させた製品もあります。なお、水道水ではなく井戸水を使用しているご家庭では、使用しなくとも構いません。
バクテリア剤
水槽の立ち上げを早めるろ過細菌(バクテリア)です。
水槽の立ち上げ初期に添加すると水槽の立ち上がりが早くなると言われています。
水換えホース
水槽の水換えの際に必要なサイフォン式ホースです。
砂利の中からゴミだけを吸い出せるタイプの製品が理想的です。1週間に1回程度、このホースを用いて水槽内の汚れを吸い出します。